英語のプレゼンをうまく切り抜けるための英語フレーズ集

2011年10月11日 01:20

楽天にいたころ、英語の公用語化で会議が英語に切り替わりました。自分は外資での経験が長いとはいえ、しょせん日本人。難しいのは質疑応答です。準備してきたメインの発表は問題ないのですが、質疑応答の場合は、

  • 想定していない回答を素早くする必要がある
  • 分からない、すぐには答えられない場合が多い
  • スルドイ突っ込みをうまくかわす必要がある

という点で難易度が高いのです。これが瞬時にできれば、生きた英語を話せると言えます。

現在はUSで働いています。現場で実際に耳にした「これは使える!」と思った便利英語フレーズをいくつか紹介します。

Technical Difficulty.

ちょっと機材の調子が悪いので少しお待ちください。

これはお決まりのフレーズのようです。見れば分かるので、シンプルに2つの単語だけで十分。

I don't have the math in front of me.

ちょっとその数字は手元にございません。

壇上で手元のPCを操作しながら発表しているシチュエーションで。数字を「math」(数学、数式)と言ことで、ビジネス風なクールさを演出します。

10x

10倍

数字に続けてxをつけ、アルファベットをそのままテネックスと発音します。10倍にします!会員が10倍に増えました!などと使えます。数字の部分は大きな声で。

the sales are not coming in.

セールがまだ追いついておりません(これから上がるんですよ!)。

売り上げが上がる、下がる、は良く使うフレーズなので、バリエーションを知っておくと便利です。

... is on a decline.

~は下降トレンドです。

こちらもバリエーション。

... is what keeps us up at night.

~のために毎晩多忙なのです。

~が我々を夜遅くまで働かせいる、という表現です。要因を主語にしているわけです。
日本人的にはWe are very busy with ...などと言ってしまいがちですが、急に主語が自分たちになると話の流れが途切れてしまい、言う側にとっても聞く側にとっても違和感があります。

The goal we have for 2012 is to ...

2012年の我々の目標は~

最初にズバっとThe Goalと言うと、Our goalよりも強い意志が感じられます。Ourって日本人には発音が難しく、泡?と出鼻をくじかれるんです。

「2012」は来年に向けて頻出ですね。two thousand twelveという人とtwenty-twelveという人に分かれました。日本人は後者の方が言いやすいですね。

Second point.

第二に、

理由を何点かに分けて説明することが多いですが、第一に、第二に、というのが意外と難しいのです。省略して「First,」「Second,」だけにする日本人もいますが文法的に変、「First of all,」だとクドイ。シンプルに「2番目のポイントです。」で良いんですね。

Is there any effort going on to ...

~のような取り組みは行っているんですか?

質問に対して質問で切り返す時に使えます。単純にAre you ...?だとあなたはやっているのか?と詰問調になるので、これはやわらかくて便利なフレーズです。

Don't tell them I said that.

俺が言ったって言わないでよ。

言いにくいことをストレートにボソッと言った後に。この後に笑いが続けば半分ジョークになりますが、日本では外す可能性が高いので要注意。

add fuel to the fire.

火に油を注ぐ

「それは火に油を注ぐことになるのでおススメしません」等と、やんわりと否定するときに使えます。

It's gonna be a multi-year journey.

それは数年かかるだろう。

遠い目をして言います。大変なことは先に強調しておきましょう。数年はマルタイイヤー、さらにjourneyとすることで、格調高くなります。

This game is continued to be played out.

この勝負はしばらく続きます。

warではなく競合とのフェアな試合(ゲーム)なんですね。一般的に、動詞の後にoutなどの前置詞をつなげると、それっぽくなります。

... within a five-year period.

5年以内には~

日本人は直訳でwithin five years from now.などと言ってしまうところです。「数年」「しばらく」よりも具体的なので、少し説得力が増えます。

As looking forward, ...

今後に関しては~

今後の方針や予定について語り、締めくくりましょう。


以上、自分用メモからいくつか紹介しました。このようなバリエーションを引き出しに入れておくと、聞いていて安心できる英語を話せるようになります。
本場の英語といっても、ネイティブではない人もいますし、人による特徴も出るので、これが英語のスタンダードというわけではありませんが、ご参考まで。

10/11追記:タイトル変えました。選び方が偏っていたので、趣旨を変えてプレゼン後のQ&Aで使えるフレーズ集と位置付けるようにしました。

実践ブログ

US直送、便利英語フレーズ集 その7

2012年04月24日 12:20
USでの仕事や生活で耳にした英語フレーズのメモから。対訳を暗記するのではなく、シチュエーションを映像的にイメージして、発言する人の気持ちを心で感じながら何度が声を出して練習しておくと、伝えたい気持ちと音と筋肉がリンクするようになり、同じ状況が目の前で再現した時に自然と口から出て来るようになります。子どもって、素直に試したり間違えたり真似したりしながら言葉を覚えてるんです。 Any...

US直送、便利英語フレーズ集 その6

2012年03月24日 13:15
現場で使える英語シリーズ5作目。USで耳にした便利フレーズが10個集まったので公開します。 Can you guys hear me alright? 「ちゃんと聞こえてる?」 プレゼンの最初にマイクをテストする時に。疑問文ですが、最後のイントネーションを上げないで逆に下げると、それっぽく聞こえます。 Can you tell me a little bit about...

US直送、便利英語フレーズ集 その5

2012年03月15日 08:26
US勤務中の清水です。現場で使える英語シリーズ5作目。今度から自分用メモに10個貯まったら公開することにします。 Does that make sense? 「納得? 」 「通じた?」 ビジネス会話でよく聞きます。お店の人が言うことも多いです。今言った内容は意味を成す?という言い方です。"Do you understand what I am...

US直送、便利英語フレーズ集 その4

2012年02月27日 13:51
今回は社内での会話で使えるフレーズを11個、紹介します。 I am not sure if I follow. 「おっしゃる意味が良く分かりません。」 説明に追いついていけているのか分からない、という言い方です。I don't follow...

US直送、便利英語フレーズ集 その3

2012年02月14日 01:25
日常会話で使える便利英語フレーズ集その3です。USで仕事をしながらコンテクストの中で実際に耳にし、「なるほど」「これは使える!」と思ったものをいつもEvernoteでメモしています。 You might be mistaken me for someone else. 「お間違えのようです。」 文法的に難しいですが、これは暗記しちゃいましょう。 What's...

プレゼンなどで使える英語フレーズ集 その2

2011年12月20日 23:27
10月11日の「英語のプレゼンをうまく切り抜けるための英語フレーズ集」では、主にプレゼンで使える15の便利フレーズを紹介しましたが、その後も耳にした便利フレーズをまた紹介します。 With that, I will turn it over to today's presenter,...

英語のプレゼンをうまく切り抜けるための英語フレーズ集

2011年10月11日 01:20
楽天にいたころ、英語の公用語化で会議が英語に切り替わりました。自分は外資での経験が長いとはいえ、しょせん日本人。難しいのは質疑応答です。準備してきたメインの発表は問題ないのですが、質疑応答の場合は、 想定していない回答を素早くする必要がある 分からない、すぐには答えられない場合が多い スルドイ突っ込みをうまくかわす必要がある という点で難易度が高いのです。これが瞬時にできれば、生きた英語

Real Time Web Analytics