プレゼンなどで使える英語フレーズ集 その2

2011年12月20日 23:27

10月11日の「英語のプレゼンをうまく切り抜けるための英語フレーズ集」では、主にプレゼンで使える15の便利フレーズを紹介しましたが、その後も耳にした便利フレーズをまた紹介します。

With that, I will turn it over to today's presenter, XX.

「ではXXさん、お願いします。」

先に趣旨などを話してから交代する時に。「With that,」は「そういうわけで、」「それでは」とユルくつなぐ時によく使います。短くて汎用的なので便利です。似たような表現に「Having said that,」がありますが、こちらは「ということを踏まえて、」と前言を前提として新たに展開していきます。「With that,」は一度区切りをつけて終える点が異なります。

Let's go ahead and get rolling.

「では早速、始めましょうか。」

「go ahead」だけで「続ける」という意味になりますが、お決まりフレーズです。冗長だけど楽しげな感じがします。

This is a 5x improvement.

「5倍の改善です。」

前回は「10x」をテネックスと発音すると紹介しましたが、人によるようです。この人は「x」をtimesと発音していました。

Thanks everyone for attending. Have a good day.

「ご参加、ありがとうございました。」

明白なので、attendingの後に「today's meeting」などとつなげる必要はありません。最後の締めは「That's all.」などと言ってしまう日本人が多いですが、挨拶も兼ねた「Have a good day.」で十分なんですね。

Have a good one.

「ありがとうございました。」

最後の挨拶。「Have a good day.」の変形です。20代の女性が言うのを耳にしました。朝、昼、夜、週末などに関係なく言えるので楽です。

My calendar is up to date.

「私の(Outlookの)スケジュールはいつも最新です。」

これもビジネスでは頻出、これ以上省略できないシンプルな表現です。「いつも」だからと「always」などと足すのは野暮なのでしょう。

Do you have a reception?

「(そのケータイは)圏内?」

「接続」や「アンテナ」ではなく「受信」と言うんですね。しかも名詞にしてHaveで表現されたので、思わず聞き返してしまいました。ちょっとした会話では、けっこう省略するようです。

I don't have a better explanation though.

「そうとしか考えられない。」

そうだよね~と雑談で盛り上がっていた時に聞きました。ちょっとクールで、一度は使ってみたいフレーズです。

Can I get you something to drink?

「何か飲む?」

「give」ではなく「get」なのが印象的だったのでメモ。

Four o four.

「4ドル4セントになります。」

スターバックスで。「フォーフォー」などと変なことを言うので、最初は日本語をがんばって話し出したのかと思ってしまいました(汗)。404だと、厳密にはドルとセントの区切りが分からないですが、コーヒーなので常識的に考えれば分かる、ということでしょう。


以上、今回は自分がユタ州で実際に耳にした10のフレーズを紹介しました。

TOEIC対策をいくらがんばっても、プレゼンや英会話は上達しません。実際のシチュエーションに合わせたお決まりの表現を頭に入れておき、目の前で同じシチュエーションが発生したら、そのまま使うだけ。考えている暇は無いのです。

実践ブログ

US直送、便利英語フレーズ集 その7

2012年04月24日 12:20
USでの仕事や生活で耳にした英語フレーズのメモから。対訳を暗記するのではなく、シチュエーションを映像的にイメージして、発言する人の気持ちを心で感じながら何度が声を出して練習しておくと、伝えたい気持ちと音と筋肉がリンクするようになり、同じ状況が目の前で再現した時に自然と口から出て来るようになります。子どもって、素直に試したり間違えたり真似したりしながら言葉を覚えてるんです。 Any...

US直送、便利英語フレーズ集 その6

2012年03月24日 13:15
現場で使える英語シリーズ5作目。USで耳にした便利フレーズが10個集まったので公開します。 Can you guys hear me alright? 「ちゃんと聞こえてる?」 プレゼンの最初にマイクをテストする時に。疑問文ですが、最後のイントネーションを上げないで逆に下げると、それっぽく聞こえます。 Can you tell me a little bit about...

US直送、便利英語フレーズ集 その5

2012年03月15日 08:26
US勤務中の清水です。現場で使える英語シリーズ5作目。今度から自分用メモに10個貯まったら公開することにします。 Does that make sense? 「納得? 」 「通じた?」 ビジネス会話でよく聞きます。お店の人が言うことも多いです。今言った内容は意味を成す?という言い方です。"Do you understand what I am...

US直送、便利英語フレーズ集 その4

2012年02月27日 13:51
今回は社内での会話で使えるフレーズを11個、紹介します。 I am not sure if I follow. 「おっしゃる意味が良く分かりません。」 説明に追いついていけているのか分からない、という言い方です。I don't follow...

US直送、便利英語フレーズ集 その3

2012年02月14日 01:25
日常会話で使える便利英語フレーズ集その3です。USで仕事をしながらコンテクストの中で実際に耳にし、「なるほど」「これは使える!」と思ったものをいつもEvernoteでメモしています。 You might be mistaken me for someone else. 「お間違えのようです。」 文法的に難しいですが、これは暗記しちゃいましょう。 What's...

プレゼンなどで使える英語フレーズ集 その2

2011年12月20日 23:27
10月11日の「英語のプレゼンをうまく切り抜けるための英語フレーズ集」では、主にプレゼンで使える15の便利フレーズを紹介しましたが、その後も耳にした便利フレーズをまた紹介します。 With that, I will turn it over to today's presenter,...

英語のプレゼンをうまく切り抜けるための英語フレーズ集

2011年10月11日 01:20
楽天にいたころ、英語の公用語化で会議が英語に切り替わりました。自分は外資での経験が長いとはいえ、しょせん日本人。難しいのは質疑応答です。準備してきたメインの発表は問題ないのですが、質疑応答の場合は、 想定していない回答を素早くする必要がある 分からない、すぐには答えられない場合が多い スルドイ突っ込みをうまくかわす必要がある という点で難易度が高いのです。これが瞬時にできれば、生きた英語

Real Time Web Analytics