US直送、便利英語フレーズ集 その4

2012年02月27日 13:51

今回は社内での会話で使えるフレーズを11個、紹介します。

I am not sure if I follow.

おっしゃる意味が良く分かりません。

説明に追いついていけているのか分からない、という言い方です。I don't follow you.とも言うようです。文法的にはfollowは他動詞なので、何をフォローするのかの対象が必要だと思うのですが、最近はどうもシンプルに省略するのが普通のようです。

"I can't understand."などとバカっぽい言い方をしてはいけません。cannotだと自分の理解力が低いことを公言するようなものなので、自分は通常は理解力があるけれども今の説明は不十分だから追いついていないよ、キリッ、と言うんですね。

I am sorry if I am overstepping.

余計なお世話だったらごめんなさい。

映画みたいにみんなストレートにぶつかり合っているわけではなく、けっこう気を遣ったり空気を読んだりしています。

Eventually.

だんだんね。

相手が言ったことの一部は認めるけど、それは時間かかるよね、とやわらかく一部否定しています。

You know what, I'm okay with this.

そうだなー、まぁこれでもいいけど。

解決策を議論していて、相手から提案された解決策は完ぺきではないけど妥協できなくもない、というシチュエーションです。

It's not in the DNA of this company.

この会社はそういうの苦手だから。

会社がこれまで受け継いできた伝統としてのDNAの中にそれは組み込まれていない、と。社内での会話で使える表現です。

Never mind.

何でもないです。

言ったことに大きな意味がないので話題を変えたい時に。

Is there anything I can do for you?

「(以上だけど)他に何か?

「他に何かしてあげられることはありますか?」という意味ですが、依頼者が「ありがとう」と去らないでいる時に、依頼を受けた側が「もう終わったからバイバイ」とやわらかく伝えるためにも使えます。文字通り受け取って「えーっと、実は」などと考えず、お礼を言って去りましょう。

Congratulation on your new chapter.

新天地でのご活躍を祈ってます。

転職が決まると、日本では「ショック」「残念」「悲しい」「短い間でしたが」「もっとXXしたかった」と後ろ向きな反応が多いですが、USの場合は次に何をするのかの話を聞いてから「良かったね」「次が決まっておめでとう」と祝うのが普通のようです。本人にとっては、去る会社のことはすでに過去のこと。後ろ髪を引かれても迷惑なだけので、将来について語るのは良いことですね。chapter以外にjourney、もっと具体的にはjobやpositionなども使えます。

Good for you!

良かったね」 「それはラッキーでしたね」

何か相手が言ったことがその人にとって良いことだった時の返しとして。

Too bad for you.

それは残念だったな

これは逆。半分冗談で言う人もいますが、難易度が高く、意地悪な感じなのであまり使わない方が良いかも。逆の表現方法ということで参考まで。

That’s for sure.

それは間違いない」「ホントに」「全くだね」

自分や相手の発言に続けて。


以上、なるべくコンテクスト(シチュエーション)が分かるようにご紹介しました。日本語と1:1にして覚えるのではなく、どういう時にどう表現するのか、シチュエーションを思い浮かべて映像的に覚えると良いです。

実践ブログ

US直送、便利英語フレーズ集 その7

2012年04月24日 12:20
USでの仕事や生活で耳にした英語フレーズのメモから。対訳を暗記するのではなく、シチュエーションを映像的にイメージして、発言する人の気持ちを心で感じながら何度が声を出して練習しておくと、伝えたい気持ちと音と筋肉がリンクするようになり、同じ状況が目の前で再現した時に自然と口から出て来るようになります。子どもって、素直に試したり間違えたり真似したりしながら言葉を覚えてるんです。 Any...

US直送、便利英語フレーズ集 その6

2012年03月24日 13:15
現場で使える英語シリーズ5作目。USで耳にした便利フレーズが10個集まったので公開します。 Can you guys hear me alright? 「ちゃんと聞こえてる?」 プレゼンの最初にマイクをテストする時に。疑問文ですが、最後のイントネーションを上げないで逆に下げると、それっぽく聞こえます。 Can you tell me a little bit about...

US直送、便利英語フレーズ集 その5

2012年03月15日 08:26
US勤務中の清水です。現場で使える英語シリーズ5作目。今度から自分用メモに10個貯まったら公開することにします。 Does that make sense? 「納得? 」 「通じた?」 ビジネス会話でよく聞きます。お店の人が言うことも多いです。今言った内容は意味を成す?という言い方です。"Do you understand what I am...

US直送、便利英語フレーズ集 その4

2012年02月27日 13:51
今回は社内での会話で使えるフレーズを11個、紹介します。 I am not sure if I follow. 「おっしゃる意味が良く分かりません。」 説明に追いついていけているのか分からない、という言い方です。I don't follow...

US直送、便利英語フレーズ集 その3

2012年02月14日 01:25
日常会話で使える便利英語フレーズ集その3です。USで仕事をしながらコンテクストの中で実際に耳にし、「なるほど」「これは使える!」と思ったものをいつもEvernoteでメモしています。 You might be mistaken me for someone else. 「お間違えのようです。」 文法的に難しいですが、これは暗記しちゃいましょう。 What's...

プレゼンなどで使える英語フレーズ集 その2

2011年12月20日 23:27
10月11日の「英語のプレゼンをうまく切り抜けるための英語フレーズ集」では、主にプレゼンで使える15の便利フレーズを紹介しましたが、その後も耳にした便利フレーズをまた紹介します。 With that, I will turn it over to today's presenter,...

英語のプレゼンをうまく切り抜けるための英語フレーズ集

2011年10月11日 01:20
楽天にいたころ、英語の公用語化で会議が英語に切り替わりました。自分は外資での経験が長いとはいえ、しょせん日本人。難しいのは質疑応答です。準備してきたメインの発表は問題ないのですが、質疑応答の場合は、 想定していない回答を素早くする必要がある 分からない、すぐには答えられない場合が多い スルドイ突っ込みをうまくかわす必要がある という点で難易度が高いのです。これが瞬時にできれば、生きた英語
アイテム数: 1 - 7 / 7

Real Time Web Analytics