US直送、便利英語フレーズ集 その3

2012年02月14日 01:25

日常会話で使える便利英語フレーズ集その3です。USで仕事をしながらコンテクストの中で実際に耳にし、「なるほど」「これは使える!」と思ったものをいつもEvernoteでメモしています。

You might be mistaken me for someone else.

お間違えのようです。

文法的に難しいですが、これは暗記しちゃいましょう。

What's our ETA on that?

どれ位かかるのか?

ETAはEstimated Time of Arrivalの略です。開発した機能のリリースや、バグが修正される時期についての確認をしています。yourではなくourなのは、同じ部門の部下に対しての質問だったので、他人事ではなく「我々の」 という連帯感を演出するためでしょう。

I've got a bunch of meetings this afternoon.

今日の午後は打ち合わせだらけだよ。

これは利用頻度高いですね。manyとかa lot ofよりも気持ちが入ってます。

I really must be going.

もう本当に行かないと!

これも文法的に難しいです。単なる「have to」 よりも「must」の方がストレートで強く、さらに現在進行形にすることで、今頃は既に向かっていないといけない、という意味合いになります。

Seriously?

ホントに?

真偽を問うというよりも「マジで?」と本気かどうかを問う感じです。最近よく耳にします。いつも「Really?」だと画一的で表現力が落ちるので、バリエーションを覚えておきましょう。

That's awesome.

それはスゴイね。

こちらもバリエーションとして。日本人の口からはなかなか出てこないので、「こいつやるな!」と思わせることができるかも^^

This car is easy to maneuver.

この車はハンドルが軽い。

うまく表現できないでいたらJordanが教えてくれました。日本人はつい「drive」と言ってしまいますが、動かして前に進めるのと左右に操舵するのは別なんですね。

That’s what I was looking for. Thanks!

それを探していたの。ありがと!

これも暗記すべき便利フレーズ。

Not too bad.

まぁ、悪くないね

素直にいいね!と言わず、ちょっとひねってます。

If I am a C-level guy here,

もしオレがこの会社でエラくなったら

CEOとかCMOとかチーフがつく人はとにかくエライ、と。C-suiteともいいます。

You can't go too far.

極端は良くないよ

それは良いアイデアかもしれないけど、ちょっと極端じゃない?とやんわりと否定してます。英語だからってみんなストレートにズバズバ言っているわけではなく、結構気を使っているようです。日本人は英語になると急に空気を読まずにズバズバ来ますが^^;

It's pricey.

ちょっと高いんだよね

Expensiveってあまり耳にしないです。expensiveは「高価」、priceyは「高い」、という感じです。

Just so you know,

ちなみに

関連することを追加して発言する時に。似たような表現に「For what it is worth,」があり、Twitterでは「FWIW,」と略されます。略しやすいのでchatやTwitter、メールでよく使われるのかも。話し言葉としては「Just so you know,」の方が普通です。

But the answer didn't satisfied me.

でもその回答には納得がいかない。

問い合わせて回答をもらったものの、その回答は私を満足させなかった、と。人ではないモノを主語にすると、ストレートでカッコ良いです。


というわけで、米国での生活で実際に耳にした便利フレーズを紹介しました。よく、英語は度胸、間違いを恐れないこと、などと言います。それ自体は正しいのですが、伝わればそれで良いわけではありません。分からなければ間違ってでも伝えた方が黙るよりは良いけど、

  • それが正しかったのか、もっと良い言い方はないのかと省みる姿勢
  • より良い表現が分かったら次からそれを使うこと

を続けないと、進歩しなくなってしまいます。特に年を取ると、頭が硬くなるもの。いつまでも柔らかく進歩し続けたいものです。

実践ブログ

US直送、便利英語フレーズ集 その7

2012年04月24日 12:20
USでの仕事や生活で耳にした英語フレーズのメモから。対訳を暗記するのではなく、シチュエーションを映像的にイメージして、発言する人の気持ちを心で感じながら何度が声を出して練習しておくと、伝えたい気持ちと音と筋肉がリンクするようになり、同じ状況が目の前で再現した時に自然と口から出て来るようになります。子どもって、素直に試したり間違えたり真似したりしながら言葉を覚えてるんです。 Any...

US直送、便利英語フレーズ集 その6

2012年03月24日 13:15
現場で使える英語シリーズ5作目。USで耳にした便利フレーズが10個集まったので公開します。 Can you guys hear me alright? 「ちゃんと聞こえてる?」 プレゼンの最初にマイクをテストする時に。疑問文ですが、最後のイントネーションを上げないで逆に下げると、それっぽく聞こえます。 Can you tell me a little bit about...

US直送、便利英語フレーズ集 その5

2012年03月15日 08:26
US勤務中の清水です。現場で使える英語シリーズ5作目。今度から自分用メモに10個貯まったら公開することにします。 Does that make sense? 「納得? 」 「通じた?」 ビジネス会話でよく聞きます。お店の人が言うことも多いです。今言った内容は意味を成す?という言い方です。"Do you understand what I am...

US直送、便利英語フレーズ集 その4

2012年02月27日 13:51
今回は社内での会話で使えるフレーズを11個、紹介します。 I am not sure if I follow. 「おっしゃる意味が良く分かりません。」 説明に追いついていけているのか分からない、という言い方です。I don't follow...

US直送、便利英語フレーズ集 その3

2012年02月14日 01:25
日常会話で使える便利英語フレーズ集その3です。USで仕事をしながらコンテクストの中で実際に耳にし、「なるほど」「これは使える!」と思ったものをいつもEvernoteでメモしています。 You might be mistaken me for someone else. 「お間違えのようです。」 文法的に難しいですが、これは暗記しちゃいましょう。 What's...

プレゼンなどで使える英語フレーズ集 その2

2011年12月20日 23:27
10月11日の「英語のプレゼンをうまく切り抜けるための英語フレーズ集」では、主にプレゼンで使える15の便利フレーズを紹介しましたが、その後も耳にした便利フレーズをまた紹介します。 With that, I will turn it over to today's presenter,...

英語のプレゼンをうまく切り抜けるための英語フレーズ集

2011年10月11日 01:20
楽天にいたころ、英語の公用語化で会議が英語に切り替わりました。自分は外資での経験が長いとはいえ、しょせん日本人。難しいのは質疑応答です。準備してきたメインの発表は問題ないのですが、質疑応答の場合は、 想定していない回答を素早くする必要がある 分からない、すぐには答えられない場合が多い スルドイ突っ込みをうまくかわす必要がある という点で難易度が高いのです。これが瞬時にできれば、生きた英語
アイテム数: 1 - 7 / 7

Real Time Web Analytics