13歳のデジタルキッズと学ぶ2014年のWeb解析

2013年12月25日 13:22

こんにちは。3月発売の書籍「ビジュアルWeb解析」を鋭意執筆中の清水です。

アクセス解析イニシアチブ主催のセミナー「チームの意思決定に不可欠なデータのビジュアライズ」(参加レポート)に参加いただいた小杉さんのWEB解析 Advent Calendar 2013Facebook)(ATND)に参加したので久しぶりにブログ記事を書いてます。

単なる業界総括やトレンド予測では面白くない!今日はクリスマスなので、「家族と過ごす」というUSスタイルで「息子と一緒に学んだこと」について書くことにしました。

英語とタイピングがだいじ

最近はGoogleで検索すると、ゲームの攻略方法から勉強のことまで、いろんなことが調べられるけど、英語で検索すると、もっと新しい情報がたくさん見つかるでしょ(時々英語で調べてあげてます)。パパもそれで新しいことに詳しくなって、アメリカで仕事できるようになったよ。
そうだね
あとは、タイピング。手をバタバタさせてエンターキーをパシっと叩く人がいるけど、動きがムダ。有名なギタリストのエリッククラプトンは、速く弾いているのに手がゆっくりに見えるから「スローハンド」って呼ばれてる。キーボードも同じで、表面をなぞるようにスムーズに打つと早い。「F」と「J」の出っ張りに人差し指を置いて、あまり手を動かさないこと。

仕事の7割くらいはキーボードでメールを書いたり書類を作っているわけだから、タイプが早いと仕事も早くなる。一度覚えれば、英語と同じで一生続くからおトク。だから覚えるのは早い方がいい。
うん

やる気が出たようで、タイピングのサイトやアプリを見つけて練習を始めました。

数学とアルゴリズムがだいじ

数学も大事だね。最近は統計ができる「データサイエンティスト」なら仕事がたくさんある。いつまで続くか分からないけど、英語と数学は基礎みたいなもの。

伝えられることがだいじ

国語は成績よりも、わかりやすく説明できることが大事だよ。たとえば得意になったパソコン操作やプログラミングをパソコンクラブで教えるとか、夏休みの自由研究で分かりやすく解説できるとか。
日本語でも英語でもそれができたら最強。人の前で発表したり、本を書いたりできるようになって、それを仕事にすることもできる。

実際にパソコンクラブなどで教えているようです。授業で発表する機会があり、iMovieで動画を作ってました。

便利な道具を使って時間を節約しよう

これは言葉で伝えるのではなく、環境を提供している、という話です。

春に子ども用のパソコンを買うことになりました。一世代前のMacbook Proを安く買えたので、それをパパ用にして古いのをお下がりしようとしたのですが、

パパのこんなに薄くってかっこいいMacbookをあげよう!

お下がりなんてやだ〜

結局、子どもの方が速くて容量に余裕のあるマシンを使うべき、という結論に至りました。

子どもや学生はヒマなので地道にがんばれば良い、という風潮がありますが、好奇心が旺盛で記憶力がある十代(特に中高の6年間)こそ、限られた時間内で効率良く多くのことを試せるべき。大人が最速のマシンを入手したとしても所有欲が満たされるだけで、操作が遅く追いついていなかったり、習慣になった効率の悪い方法を惰性で続けるだけ。新しいアプリやスキルを学ぶことも少なく、実質的な効率アップにはつながらない。もっと素早く応答でき、いろいろな可能性を試して学べる子どもの方が速いマシンを使うべき、と思うようになりました。

というわけで、Macbook ProにOffice 365、Eclipse、Photoshop、Dreamweaver、Flash、Dropbox、VMware上のWindows 7、などをフル装備してあげました。操作するのを横で見ていると、速過ぎて目が回ります@@。入っているソフトもどん欲に試している様子。

一方、パパは古いMacbook Airに「ど〜も君」のステッカーを貼って大事に使ってますw

「一緒にやろう」

子どもが

東大に入りたい。

と言い出すので、

どんな仕事をしたいかを決めてから場所や大学を選んだ方がいいよ。
ITならシリコンバレーとかね。アメリカの大学に行くならアパートで一緒に住めるね。

とアドバイス。今の段階では可能性を広げておいて「それならカンタンかも」と思うだけで十分でしょう。

さらに先日の第一回Webグランプリの受賞者紹介ページを見せて、

プログラミングだけだと海外の安いとこに負けるから、マーケティングもオススメ。パパはそれでWeb人賞もらえた。親子受賞めざそうかー
つくるだけでなく、デザインしたり広めるのも面白そうだなー
開発もできるけど仕事にしないってのもいいね。今は解析とかデジタルマーケティングがおもしろいよ。
ブログに「中学生が学ぶ」ってつけるとスゲーって人気出るかも。そうなるとお金を出す人が出てきて会社も作れる。パパも手伝うから全部一人でできなくてもいいよ。すごいデザイナーとか集めればいい。
うん

...というわけで、パパの背中を見ながら順調に育ってます。

13歳が立ち上げた3つのブログ

6月にはブログを始めることになりました。

まず、サイト名の案をいろいろ出し合いました。

パパは子どもっぽさを打ち出してアクセスを増やすことを提案したんですが、

そんな子どもっぽいのはヤダ

と反発。

確かに、子どもを子どもと思うのは周りのオトナであって、自分たちは精一杯背伸びして生きてます。周りの目を気にして自分を飾る方法なんて今から覚える必要はない。自分も昔はそう思ったことを思い出し、本人の意思を尊重することにしました。

そして、6月に最初のサイトをオープン。

パパはCMSのWebnodeを紹介し、サイト名の画像を作ってHTMLを修正しただけです。

ところが20ページほどアップした結果、マインクラフトのエントリーばかりになったので、

マインクラフトに特化したサイトを別で立ち上げた方がいいね。ドメインが取れて、内容に合っていて、検索しても似てるサイトが見つからない名前がいいよ。

とアドバイスし、別のサイトをオープン。

サイトじゃなくてブログにしたい

というので、今度はプラットフォームとしてGoogleのBloggerを選んであげました。

さらに1ヶ月後には、プログラミングとCGアート関係のブログを自分で立ち上げてました。

  • SimSizer (2013-09-15オープン)

もちろん解析も

これらのサイトは全部Web解析を導入してあり、時々スマホでアクセスをチェックしています。

コンテストにも挑戦

12月には日本情報オリンピックというコンテストに参加。残念ながら予選で敗退しましたが、表面的なテクニックではなくアルゴリズムを身に付けないといけない、と思ったようです。

以下は本人のブログから引用:

vectorとかmap(連想配列)とか色々とC++の機能は勉強してきたのですが、アルゴリズムの勉強が足りていなかったみたい。

そうそう、テクニックよりも基本的な考え方が大事だね。

以上、デジタルキッズとして育っている子どもとのやりとりを紹介しました。

Webアナリストが息子と一緒に学んだこと

Webアナリストとしての私が息子と一緒に学んだり実践してきたことをまとめると:

  • ネットの仕事をするなら英語でソース情報を調べる方が良い情報を早く得られる
  • 専門的なことよりも先に英語とタイピングを学ぶと効率が上がる
  • 統計やプログラミングは「IT」の一部。依頼やコラボできる程度に概要を理解しておくと便利
  • 伝わらない分析に価値は無い。分かりやすく伝える工夫をしよう
  • どの会社で何をするかは自分の目的次第
  • 結果にコミットするパートナーになろう
  • 話題性を作って波に乗るのも大事(ただし自分を失わない、妥協しない)
  • コンテストや新しいことに果敢に挑戦しよう!

最後に、Web解析の直接的な話で締めくくりましょう。

2014年のWeb解析は

ざっくり分析が重要になる

分析はきりがないので、まず全体を大きく斬って分析し、変化や違いが現れたところのうち、重要なものから順番に深堀してみていく、というプライオリティ付けと割り切りが重要になるでしょう。

スモールデータの時もざっくり分析は重要なのですが、データの量や種類が増えるとデータに溺れたり木を見て森が見えなくなることが増えるので、ますます「ざっくり分析」が重要になると予測してます。

ビジュアルで考えてビジュアルで伝える

ビジュアルで考えるためのツールとしてコンセプトダイアグラムが役立ちます。全体像を把握しながらざっくりと分析するためには、インタラクティブなグラフやダッシュボードでビジュアル的に分析するのも効果的。それを楽に実現できるツールも増えてきました。

また、伝わらなければ価値が無いのと同じ。分析して分かった結果を分かりやすく伝えるためのプレゼンでもビジュアライズが役に立ちます。この辺りのテーマは2014年も追求していく予定です。

個人情報保護からプライバシー尊重へ

日本では「個人情報保護」という側面が先行したので「個人を特定できなければ問題ない」という誤解が広まりましたが、ヨーロッパやアメリカでは「プライバシー保護」つまり「不快と感じさせない」「そう感じたら簡単にオプトアウトできるようにする」ことが重視されます。

2013年も際どい案件がいくつか話題になりましたが、Cookie vs. スーパーCookieのような技術論ではなく、ユーザー視点で考えるのが重要ですね。

1/15にはイベント「Creepy(キモい)で考える個人情報/プライバシー問題~パーソナルデータの利活用はどうあるべきか」でcciの宮一さんと対談します。

・・・

では、メリークリスマス&良いお年を!

こどもIA日記

14歳とママのサイバー攻防とパパ (´ー`;)

2015年03月12日 15:10
14歳になった息子は、東大の入試対策の塾に通っています。「東大目指しておけば何とでもなる」というママと「はやく一緒に会社やろうぜ」というパパの間で揺れ動くこの頃。塾の時間になると、サボりたい息子とママ

4〜13歳のまとめ

2014年11月15日 22:30
13歳の子どもがすごい勢いでプログラマー化してきたので、忘れないうちにメモ。このブログの更新よりも進化のペースが速いです...。 子どもがプログラミングに興味を持ったきっかけ 幼稚園の頃から親子でゲー

13歳のWebアナリスト誕生!

2014年02月22日 08:30
子どもが立ち上げたサイト全てにWeb解析を導入しています。 ブラウザでWeb解析レポートを見るのは面倒なので、解析用アプリもいくつかiPhoneにインストールしてあげました。 参考:iPhone用のG

ゲームは勝ち負けではなく楽しむもの by 9歳

2014年02月03日 11:55
9歳の誕生日、中学受験で忙しくなる前のこと。実家からおじいちゃんとあばあちゃんが遊びに来てくれたので、モノポリーで遊びました。 「Monopoly...

波を見るより先にプログラムで再現する13歳

2014年01月20日 00:30
13歳のデジタルキッズと学ぶ2014年のWeb解析で書いたような経緯で、子どもは4つのサイトを持ち、がんばって更新しています。 中学1年生の授業では「物理」はまだ始まってませんが、冬休み中に塾で習って

13歳のデジタルキッズと学ぶ2014年のWeb解析

2013年12月25日 13:22
こんにちは。3月発売の書籍「ビジュアルWeb解析」を鋭意執筆中の清水です。 アクセス解析イニシアチブ主催のセミナー「チームの意思決定に不可欠なデータのビジュアライズ」(参加レポート)に参加いただいた小

12歳にとっては当たり前のO2O

2013年08月13日 16:22
幼稚園に入る前の3歳からスタートした子どもIA日記。2013年3月に小学校を卒業しました。長いようで短かった10年間です。 パパはユタとバンクーバーに駐在していたので中学受験の合格発表や小学校の卒業式

11歳の息子と絵文字しりとりで大爆笑

2013年07月17日 07:32
子どもから絵文字アートが届いた同じ日のこと。文字化けのようなメッセージが届きました。 図:絵文字しりとり: よく見ると、 「しりとりしよ」 「やろう〜」 「しりと〜り!」 「しーりーとーりー

11歳の絵文字メールがクリエイティブすぎるぅ

2013年07月15日 07:00
2012年の4月になって、11歳(小学5年生)の子どもからのメッセージに絵文字が入るようになりました。iPhoneのキーボード設定で「絵文字」を見つけたようです。 2012年5月10日に届いた12個の

11歳とFaceTimeでリモート遊び

2012年07月03日 14:48
春休みが終わった始業式の日のこと。ママはお出かけ、子どもは日本の自宅で留守番することになっていました。こんな機会は滅多にありません。アプリ内のメールでこっそり約束し、親の目を盗んで(あ、自分も親か

子どもからアプリ内メールが届いた!

2012年05月14日 11:00
日本の自宅にある子ども用のiPadはパパと同じApple IDを使っていて、パスワードも子どもに教えてあります。App...

子どもと地球の裏側でアイテム交換して学んだこと

2012年01月07日 18:47
US滞在中のこと。iPadに見慣れないアプリが勝手にインストールされていることに気がつきました。 図:自動インストールされたアプリ: 「えっ、話題のiTunesアカウントハック?」とアセっ

綿アメはプロセスが大事

2011年09月14日 00:52
子どもが夏祭り(小学校の夕涼み会)から持ち帰った綿アメ。空気でパンパンに膨らんだビニール袋の中に入れてあったんですが、綿アメがつぶれてハンペンのようになっていました。暑くて溶けたのか、それとも重力

ママよりパソに詳しくなった小学生から学べること

2011年08月30日 13:12
こども:ママが、むせんがつながらなくなったから直して、だって と、子どもがノートPCをもってパパのところにトコトコとやってきました。 我が家のThinkPadは無線LANのスイッチが手前にあ

Windowsを遠隔操作してきた10歳との新コミュニケーション分析

2011年04月12日 00:30
図:iPadのリモートデスクトップ用アプリ:我が家のiPadには、リモートデスクトップやVNC、LogMeIn系アプリがたくさん入っていて、自宅とクラウドPCを遠隔操作できるようになっています。 Wi

小四の子どもがWikiを更新する理由

2011年03月30日 00:00
幼稚園のころからGoogleを使って、ゲームのヒントや情報、攻略をいつも検索しています。PCの前にいない時は、iPhoneやiPadのSafariも使います。ゲームの攻略本を数冊買ったことがあるんです

AppleTVとAirPlayを瞬時に理解した10歳のメディア事情

2011年01月03日 13:20
小学校4年生になった子どもは宿題で忙しい毎日ですが、音楽を聴きながらだと集中できることを発見し、B'zやポルノグラフィティ、KAT-TUNなどをiPod...

こどもアクセス解析教室

2010年12月18日 10:45
こどもと作ったアプリ紹介の記事を11/14に公開してから1ヶ月経ったので、アクセス結果についてまとめました。アフィリエイトの報酬は子どもにお小遣いとして還元する約束になっています。さて、結果は? パパ
アイテム数: 1 - 18 / 41
1 | 2 | 3 >>

Real Time Web Analytics