応用できるノウハウを身につけるためにこだわっていること

2011年08月07日 22:50

連載やサイト名にいつも「実践」と入れている理由はなぜか?
IA/コンサルタントをやめて複数の会社でインハウスのPMや推進リーダーを担当してきた理由は?渡米前に改めて振り返ってみました。

1. 一般論や伝聞を信じない

恐ろしいもので、読んだり聞いたりすると分かったつもりになってしまいますが、所詮は伝聞。突っ込まれると答えられなかったり、深みや説得力がない、ということになりがちでした。短時間に言葉で伝えられるような情報は圧縮されて間引かれているので、それを聞いたら自分の経験に基づく解釈を加えて理解しているだけ。それは想像に基づく仮説であって、ディテールや過程から得られた深いノウハウではない。十分に理解して納得したわけでもない。

2.伝聞を実体験する

そこで、私の場合は伝聞の知識を一度「かもしれない」という状態に棚上げしておきます。この状態の知識は半信半疑の状態なので、記事に書いたりセミナーで話すことはありません。
このうち重要なものは機会を作って実践してみることで、実体験に基づくノウハウに昇格させます。データとしても残しておきます。さらに芋づる式に出てくる新たな仮説も、実践して検証していきます。単発の検証で終わることはほとんどありません。

こうして実体験から得られた知見のみ信じ、自分の言葉で語るようにすると、理解が深まり、説得力が出ると思っています。

3.過去の体験を再編集する

実体験に基づく知識やノウハウは積み重なり、相互に関連し合い、広がり、深化していきます。後で別の体験をした結果、過去の考えを調整することもあります。自らの直接体験は集計前の生データと同じで、後で再解釈ができます。一方、読んだり聞いただけの伝聞は詳細データが無いまとめレポートをコピーしただけなので、再解釈や咀嚼ができません。

また、実体験に基づくノウハウを貯めていくと、「これはあれと似ている」と気付き、横断的な抽象化や体系化もできるようになります。

4.芋づる式に展開する

こう考えて行動していると、検証すべきことが次々に見つかるのですが、一つ一つの検証には時間がかかります。時間を有効に使い、無駄なく適切な順番で少しずつこなしていくために、仕事とは別で個人活動をしたり、一通り検証を終えたら新しい分野に挑戦するなど、環境を変える必要があります。できることを繰り返さず、できないことに挑戦します。ただし、唐突に新しい分野に移動するわけではなく、芋づる式に見つかる関連領域へと展開していきます。私の場合はフロントエンド→UI→IA→ITマネジメント→CMS→デジタル印刷→SEO→アクセス解析→CRM、と展開してきましたが、全てつながっています。いつも次が見えていたわけではなく、振り返ると結果的に全部つながっていただけですが。

5.細かいTipsを開示する

話したり書くだけでは表面的なノウハウしか伝わらない。ということは、スグに真似できるような実践ノウハウを勿体ぶって隠す必要はない、と思っています。どうせ広まるのは時間の問題。逆にいつまでも広まらずに囲い込めてしまうノウハウはそもそも価値がないのではないか、と。どんどん公開して広めてしまった方が、反響を得てさらに改善できます。コンサルやセミナーで儲けるよりも早く広まります。出し惜しむよりも、いろいろなノウハウを持っていることを知ってもらうことのほうがメリットがあります。さらに、具体的なアプローチと手法が普及すれば、より高次元な議論やニーズが生まれるので、そこで正々堂々と勝負すれば良いのです。

6.インプットとアウトプットのバランスを気にしない

よく「最近インプットが少ない」「もっとアウトプットしないと」というつぶやきを見かけますが、よく読み込まずにソーシャルで気軽にシェアしても、右から左に流れていくだけ。「気軽なシェア」と「厳選し解釈や活用方法を加えたキュレーション」と「実体験に基づくノウハウ」では、同じアウトプットでも質が異なります。量を増やすよりも、厳選された情報と語れるノウハウを自分は貯めていきたい、と思っています。

まとめ

実践を積み重ねて得られたこと

  • 説得力が増す
  • 応用力がつく(新しいことを素早く覚えられる)
  • 総合的な判断ができるようになる
  • アジャイルに動けるようになる

実践ノウハウを隠さず開示する理由

  • すぐ真似できるノウハウに大きな価値は無い
  • 持っていることを開示する方がメリットがある
  • 業界全体を底上げすれば実力で勝負できる状態になる

以上、一般論ではない自分の体験に基づくノウハウ論を書いてみました。新分野を開拓し続けるのが前提の話なので、コツコツと一つのことを極めたい場合や、自分の中にノウハウを貯める必要が無い場合(知識案内人や経営者)には当てはまらないと思いますが、ご参考まで。

2011-08-09 追記:一般論に聞こえる部分と他の考え方を否定するように聞こえる部分を修正しました。


Real Time Web Analytics