メジャー化が始まったアクセス解析のタグ管理システム

2011年06月07日 00:05

ターゲティングの次にホットなデータマネジメントプラットフォーム~Demdex買収の意図と目的』で紹介したタグ管理システム(Tag Manager)は、各種マーケティングツールの実装と管理を簡易化できる要注目のソリューションです。2011年5月末には、Adobeからも新製品「Tag Manager」が発表されました。

タグ管理システムは数年前にすでに登場していたのですが、当時は「なるほど」とスルーしていました。その後、Google Analyticsの非同期タグが一般化したり、FacebookやTwitterなどサイトに貼るタグが増えてきたため、ニーズが徐々に高まってきました。

Tag Managerが解決できる課題は、

  • HTMLが計測タグだらけ
  • 同じ値を何度も微妙に異なる方法でセットするのが無駄
  • JavaScriptのロードや処理中に後続の画像やJSをブロックする(onloadが遅延するため、特に動画やAjax的な処理が遅くなる)

すでに有料サービスがいくつかあります。全て新興のベンチャー企業です。

こういったソリューションが提供する機能を並べてみると、ほとんど違いがありません。そんな中、後発のAdobe Tag Managerは、すでにサイトに埋め込んであるSiteCatalyst用のタグをそのまま流用して導入ができる(s_code.jsの中身を入れ替える)、という点で差別化するようです。

買収によるメジャー化で浮上してきたニッチなサービスですが、便利なことは確実なので、数年後には必須のソリューションとして普及しているかもしれません。

参考

2011-08-22追記

簡易版を試作して公開しました。

2012-01-05

MarkeZineの記事「2012年注目トピックはコレだ! デジタル・マーケティングの先駆者達に聞きました」で2012年の注目トピックとして紹介しました。

アクセス解析、SEM、アフィリエイト、ソーシャル系のボタン、コメント欄など、Webサイトに埋め込むタグは増える一方です。それらのタグを一元管理するだけでなく、システム間のデータ統合も可能にする、タグ管理のソリューションが進化・普及しつつあります。価値あるデータを取得するための実装はシステムに任せて、分析や施策立案に労力を使うことが重要になっていくでしょう。

2012-10

Google Tag Managerが公開され、予想通りメジャー化しました!


Real Time Web Analytics