立ち上げ直後の段階的なSEO戦略

2009年09月02日 23:46

本サイト「実践CMS★IA」の立ち上げにあたり、どのようなキーワードがよく検索されているかをGoogle Trendsなどで調べました。

検索回数から得たヒント:

  • どんな情報が求められているか?
  • その中から自分が書くべきコンテンツは何か?
  • 上位表示させたい具体的な検索キーワードは何か?

弱小個人サイトなので、SEOとしては段階的に上位表示を狙うことにしました。狙ったキーワードと1ヶ月の結果は下記の通り。

1.ブランド系キーワード

サイトを再訪問する場合は、お気に入りよりもGoogleやYahooでサイト名を検索することが多いと仮定。以下のキーワードでまずは上位表示されるようになることを、サイトの積極PR開始の条件としました。

検索語句 Googleの検索順位
CMS IA 6日目に3位、10日目以降は1位をキープ
CMS★IA 7日目に3位、9日目以降は1位をキープ
CMS*IA 6日目に16位、12日目から1位をキープ
実践 CMS 5日目に37位、10日目から1位をキープ
cms-ia 4日目に6位、9日目から1位をキープ

対策

  • サイト名とドメインに「CMS」「IA」「実践」を含めた
    • 外部サイトからの被リンクのアンカーテキストに必然的にこれらのキーワードが含まれるようになる
  • 外部サイトから被リンクを受けた
    • DESIGN IT! Forum 2009の告知ページ
    • 自分のSNSページ

結果

  • 1週間弱でランクインし、10日目には1位まで上昇し、その位置をキープ
  • ただし、検索回数が少ないので、大きな流入は期待できない
  • 落ちることはなさそうなので、対策はいったん終了

2.個人アイデンティティ系キーワード

サイトの名前を覚えていない、または存在を知らない場合は、管理人の名前や会社名、職種などで検索すると仮定(ブランド系キーワードに近い)。

検索語句 Googleの検索順位
CMS IA 清水 6日目に6位、14日目以降は1位をキープ
清水 CMS 12日目に63位、32日目に12位へ急上昇(DESIGN IT! Forum 2009当日です)
清水 IA 未計測、1ヵ月後には1位

対策

  • TOPページのMetaタグにdescriptionとkeywordsを入れた
  • このサイトについて、のページに本名を記載

結果

  • 「CMS IA 清水」14日目に1位
  • 「清水 CMS」60~50位を微妙に上昇した後、DESIGN IT! Forum 2009当日の32日目に12位に急上昇
  • ブランド系キーワードと同じ理由で対策終了(順位変動の監視は継続)

3.テーマ系キーワード

サイトを特定しないで、CMSやIAに関する特定の情報を知りたいユーザーの検索キーワード。

選びたい

検索語句 Googleの検索順位
CMS 選定 14日目に12位、落ちて50位前後を推移
CMS 比較 20日目に54位、その前後を推移
CMS レビュー 13日目に100位、20日目以降は20位前後をキープ

製品ピンポイント

検索語句 Googleの検索順位
Webnode 4日目に5位、その前後を推移
Google Sites これだけでは圏外。Google Sites CMSだと1位
Wetpaint 9日目に31位、その前後を推移
bingo! CMS 4日目に21位、下がり続け1ヵ月後には40位
Drupal 圏外

対策

  • Google Sites、Wetpaint、Webnodeの製品レビュー記事を追加
  • bingo! CMSは短いリンク紹介のみ
  • Drupalは1記事追加

結果

  • 記事が多い製品は当然ながら上位へ
  • 追加を怠った製品は徐々に下降

自分で設計し自分で執筆するサイトは、検索結果や流入トラフィックとの相関を把握しやすいので、分析のし甲斐があります。コンテンツはこれから少しずつ増やしていくので、計測キーワードは随時増やしていきます。


Real Time Web Analytics