オムニチュアサミット2011総力レポート7本を公開

2011年04月16日 13:15

3月に米国ソルトレイクシティーで開催されたAdobe Omniture Summit 2011の参加レポートを7本、MarkeZineで公開しました。

2009、2010年は楽天のアクセス解析・最適化推進リーダーとしての参加でしたが、今回は新しい勤務先で業務として参加することができなかったため、会社を休んでPRESS扱いで参加してきました。最初から7本を書く予定だったので、Tweetするヒマもなく必死にメモや写真をとってきました...。

“もはやアナリティクスは中心ではない” デジタルを中心した、新しいマーケティングのルール作りに参加して感じたこと

まずは全体の所感をどうぞ。参加の前に決めておいた「3つの知りたいこと」の結論と、この1年で変わったことを中心に書きました。CMSのDayやDMPのDemdexを買収したAdobeの戦略の中でのOmnitureの位置付けは、もはやWebアナリティクスでも最適化でもなく、デジタルマーケティングだったのです。

Twitter、Facebook、LinkedIn、YouTube… ソーシャルメディアの影響力を可視化する「Adobe SocialAnalytics」の全貌

今回アナウンスされた新製品について、プレスリリースや英語の記事よりも詳しくレポートしました。

ターゲティングの次にホットなデータマネジメントプラットフォーム~Demdex買収の意図と目的

2月に買収がアナウンスされたばかりのDemdexについて。ほとんど情報が無く、基調講演でもあっさりとアナウンスされていましたが、実は重要だと思いました。新ジャンルである「DMP」と、その先に見えたものを紹介しています。

Adobe SiteCatalystがv15にメジャーアップデートして変わること

4/8にUSでリリースされた新バージョンは、SiteCatalyst史上初の大きなバージョンアップです。データの格納方式を大きく変更した結果、長年引きずってきた過去の制約から解放されました。機能とUIの面でGoogle Analyticsの良い点を取り込みつつ、SiteCatalystならではの機能も強化されています。

コンテンツ管理からWebエクスペリエンス管理へ 異なる分野が統合されるのは時代の必然

CMSとの接点に興味があったため、参加してきました。最近のCMSはデジタルマーケティング支援の方向に踏み込んでいて、Omnitureテクノロジーと連携どころか密接に統合されるのは当然の成り行きなのでしょう。

国内最大級のECよりも解析上手? Omnitureテクノロジーをフル活用するマードック大学の事例

オーストラリアの大学経営におけるマーケティング最適化の事例です。割り切った活用と明快な効果検証とROIが見事です。

どうすればアプリをまた使ってもらえるのか? 愛されアプリにするためのベストプラクティス

スマートフォン向けアプリも、解析できます。ゴールを設定して分析し、結果を見ながら改善していく、というアプローチは、アプリもWebも同じです。レポート結果や、その解釈方法が具体的に紹介されたので、分かりやすいです。


Real Time Web Analytics