CMSでMeta DescriptionとKeywordsを修正

2009年08月02日 00:17

このサイトで採用した「Webnode」というCMSは、SEO要件も考慮して選定したので、当然ながらページごとにMeta DescriptionとMeta Keywordsを指定できます。

そこで、TOPページとプロジェクト紹介の2ページについて、Metaタグ周りを改善しました。

TOP

Description:CMSやSEO、アクセス解析、情報アーキテクチャ(IA)など、サイトの運用を最適化できる手法やツールに関する調査から導入、結果までの実践の記録です。このサイト自体も実践の場であり、試した結果をリアルタイムで具体的に紹介しています。

Keywords:CMS,IA,コンテンツ管理,コンテンツマネジメント

実践プロジェクト紹介

Title:進行中プロジェクト

Description:このサイトでは、CMSやSEO、アクセス解析関連のツールやサービスを単に紹介・レビューするのではなく、それらを実際に活用してWebの立ち上げや運用を最適化していく過程をリアルタイムでレポートしています。

Keywords:事例,改善,運営,コンテンツ管理,CMS,IA

鮮度(ライブ感)を出すため、ページ名を「実践プロジェクト紹介」から「進行中プロジェクト」に変更しました。幸いURLは「case-study」にしていたので、変更しないで済みました。末端の詳細記事はタイトルを変えることがあまり無いので、日本語URLでも良いのですが、上層のカテゴリページはこのように汎用性あるURLにしておいたほうが無難です。SEOを考慮すると、ページ名とURLは別で管理できる必要があります。

KeywordsはYahoo!にしか効果が無いので、本文で出現しない関連語を中心にしてみました。

CMS選定のTips

  • SEO要件も盛り込もう
    • ページごとにMeta DescriptionとKeywordsを指定できること
    • URLとページ名は別々で管理できること
    • 日本語URLに対応していること

Real Time Web Analytics