02. HTMLとDITAのコードサンプル比較

2009年09月08日 11:58

HTMLはドキュメント構造を、DITAはコンテンツの構造を表す

HTMLは構造を表すべきで、スタイル(見た目)はCSSで制御すべき、とよく言われますが、どんなにストリクトにこの原則を守ったとしても、HTMLはWebドキュメントの構造を表すマークアップ言語なので、どうしてもレイアウト要素が残ります。

例えば、リストを表すタグ。確かに、

code 3

よりは

code 4

の方が構造的に見えます。

情報構造をXMLで表すDITA標準では、何をなぜどのようにしてリストで表現するのか、にまで踏み込みます。

DITA流のタスクの構造化アプローチ

なぜリストか?それはタスクの手順を表現しているからです。

そこで、DITAではタスク型リストをさらに

  • 前の状態
  • コンテクスト
  • ステップ
  • 結果
  • 事後の状態

の6要素に分解します(全部が必須ではなく省略も可能)。ステップはリピート可能です。

各ステップはさらに、

  • コマンド
  • 情報
  • サブステップ
  • チュートリアル情報
  • ステップ例
  • 選択肢
  • ステップ実行結果

に分かれます(コマンド以外は省略可能)。

この構造を繰り返すことで、タスクを記述するのです。

したがって、上記のHTMLで表したコンテンツをDITAで構造化すると、

DITAでタスクを記述した例

code 5

のようになります。これを

メニューの表示方法
・アイコンをクリック
・メニューが表示される

と表現するのはWebならではの表現スタイルの一つでしかない、と。確かに初心者向けの印刷物と携帯サイトでは、同じ内容でも見せ方が全く異なりますね。

そして、ストリクトなHTMLはこの特殊なスタイルを実現するためのドキュメント(ページ)構造を表すものであって、情報そのものの構造ではない、と。

コンテンツ(情報)を構造化するノウハウが詰まったDITA

このように、DITAは単なるXMLの技術仕様ではなく情報を構造化するための考え方の標準、といえます。実際にコンテンツをDITAで記述しなくても、構造化の考え方は参考になります。うちのCMSはDITAには対応していない、テクニカルライティングではないから関係ない、とスルーしてしまってはもったいないですね。

注釈

  • 実際のDITAでは、taskはもっと細かく定義されています

Real Time Web Analytics