2012年夏の近況:9月まで日本です

2012年07月24日 18:00

連休前に一時帰国しました。ドタバタしていたので今回はアナウンス無しで帰国して翻訳作業を続けていましたが、ようやく落ち着いたので各種お知らせです。

Site Search Analyticsの翻訳

情報アーキテクチャの第一人者、ルー・ローゼンフェルドの2冊目の著書「Site Search Analytics」は初校の校正が終わり、その反映待ちです。今のところオンスケで、11月1日に発売予定です。UXと解析をつなげる橋になるのでは、と期待しています。

それにしても、翻訳は原書を読み込み、合致する良い表現を考える必要があるので想像以上に大変でした。自分の頭の中にあるものを自分の言葉で書き起こす方が楽かも...

連載が3本に

Web担当者Forumの連載「 1万円で真似できる戦略的サイト運用術 」(そろそろ収束)とascii.jpの連載、清水 誠の「その指標がデザインを決める」(ペース落ちていたので挽回)に加えて、ITmediaでも連載がスタートします。アクセス解析がテーマですが、細かい実装やツールの話ではなく、KPIとレポートの設計方法についてです。コンセプトダイアグラムのアプローチを発展させてみました。業界ごとに見るべきKPIを定義し、理想のレポートを設計する方法を具体例を交えて紹介していきます。

USでの改善が進行中

デジタルマーケティング関連製品の日本における品質を高めるのがUSでのミッションです。社内に日本人は自分だけ、単身赴任で完全アウェイな状況ですが、何とかなりそうです。今後は活用Tipsや留意点、新機能に関する情報発信にも力を入れていきます。

契約を延長しました

1年間の期間限定で契約したポジションですが、「離れても持続する状態にしたい」「USの前線から情報を日本に届けることはまだまだ意義がある」と考え、契約を延長しました。延長というより、普通の正社員への切り替えです(ビザの手続きという事情も^^)。
各地域から実践者を呼び集めてオンサイトPMにするというモデルがワークすることを証明できたので、他国への展開も視野に入ってきました。実験と実践を繰り返して開拓し、新ポジションを定義するという自分にとっては最高のスタンスです。

立ち上げ屋としては、期間ありきでコンプリートするのではなく、他の人でもできる状態にまで持っていくことが完了条件です。アクセス解析という分野は日本で軌道に乗り、実践や情報発信できる人が増えてきたので、そろそろ潮時かも?と一時は考えましたが、上層部を巻き込んだ戦略的な進め方や、事業の成果につなげることに関してはまだ不十分なので、USからもう少し発信を続けようと思っています。10月にはまたeMetricsに参加します。
サンクトガーレンなど、賛同する企業へのアドバイスと事例化も続けます。

フォロワーが現れたらバトンタッチ。先行特権を自分で捨てるというもったいない生き方ですが、開拓を続けるのが自分の存在意義です。

eVar7の代表を小川さんへ

すでにアナウンス済みですが改めて。日本最大ユーザーだった時に立ち上げたユーザー会「eVar7」ですが、2回の転職を経てもう現役ユーザーではなくなりました。元ユーザーとしての気持ちを忘れずに進めてきたとはいえ、ベンダー側の正社員になった以上、だんだん線引きが難しくなってきました。
ので、現役ユーザーである小川さんに代表を譲りました。アドバイザーとして、かつUS側の改善推進担当として、関与は続けていきます。

すっかりアウトドア派に

ユタは田舎ですが、自然に囲まれています。登山用トレイル、キャンプ場、湖、川、スキー場、鍾乳洞まで車で20分程度で行けます。6つの国立公園に車で行けます。REIなどのお店も充実していて、日本よりも安く買えます。

という貴重な環境なので、アウトドア派に転向しました。週末は登山かキャンプへ。連休は遠出して国立公園を巡っています。カヌーとサイクリングも体験しました。10月には富士山級の山に挑戦します。グランドキャニオンまでドライブも検討中。11月に引っ越す新社屋ではボルダリング(屋内ロッククライミング)もできます。

今、その場でできることを最大限に楽しもうと思っています。

9月までヒマです

今回はvisaの都合で、9月末まで日本にいる予定です。長い滞在は今回が最後、10月以降は年に3回、数週間ずつの一時帰国になります。

9月末まで(通常勤務以外に)大きな予定は無いので、ご相談やご要望はFacebookなどでお知らせください。


Real Time Web Analytics