6才の小さい手でキーボード

3歳にして文字を書くよりも先に携帯でメールをタイプ。幼稚園入園後にはFlashゲームにハマり、3Dのネットゲームでロボを巧みに操作、フレンドと漢字で高速チャット。WordやExcelで攻略ガイドも書きました。生まれたときから紙よりネットに馴染むデジタルネイティブの成長をCMS+IA的な視点で観察することで、パパもIT業界に必要なことを学んでます。

人気の記事

こどもIA日記

14歳とママのサイバー攻防とパパ (´ー`;)

2015年03月12日 15:10
14歳になった息子は、東大の入試対策の塾に通っています。「東大目指しておけば何とでもなる」というママと「はやく一緒に会社やろうぜ」というパパの間で揺れ動くこの頃。塾の時間になると、サボりたい息子とママの間で攻防が繰り広げられます。 そんなある日、 こんなメールが来ました。 「iPhoneを探す」(Find My iPhone)...

4〜13歳のまとめ

2014年11月15日 22:30
13歳の子どもがすごい勢いでプログラマー化してきたので、忘れないうちにメモ。このブログの更新よりも進化のペースが速いです...。 子どもがプログラミングに興味を持ったきっかけ 幼稚園の頃から親子でゲームしてました。 4歳(年少さん) このころによく遊んでいたのは、ポケモンだいすきクラブやシフトアップネット。最初はパパのひざの上で遊んでましたが、自分でWindowsにログインし、お気に入りからサイトにアクセスできるようになりました。 5歳(年中さん) ガラケーで日本語を入力し、メールをくれるようになりました。 Windowsパソコンで日本語をタイプできるようになりました。 6歳(年長さん)

13歳のWebアナリスト誕生!

2014年02月22日 08:30
子どもが立ち上げたサイト全てにWeb解析を導入しています。 ブラウザでWeb解析レポートを見るのは面倒なので、解析用アプリもいくつかiPhoneにインストールしてあげました。 参考:iPhone用のGAアプリ13種類まとめ よく通学途中の電車の中で どれくらい増えたかなー とチェックしているようです。 最初は「サイトに何人きてくれたか」だけを見ていました。立ち上げ当初は身内(子ども、パパ、友達)しか来ないので、あまり数字は増えません。 これではつまらなくなってサイトの更新や解析を止めてしまうかも... と懸念したパパは、ちょっと手伝ってあげることにしました。 まずブログからリンク まず

ゲームは勝ち負けではなく楽しむもの by 9歳

2014年02月03日 11:55
9歳の誕生日、中学受験で忙しくなる前のこと。実家からおじいちゃんとあばあちゃんが遊びに来てくれたので、モノポリーで遊びました。 「Monopoly...

波を見るより先にプログラムで再現する13歳

2014年01月20日 00:30
13歳のデジタルキッズと学ぶ2014年のWeb解析で書いたような経緯で、子どもは4つのサイトを持ち、がんばって更新しています。 中学1年生の授業では「物理」はまだ始まってませんが、冬休み中に塾で習って興味を持ったようです。 塾から家に帰る途中の電車の中でさっそく、振り子をプログラミングでシミュレーションしてみた様子。 息子のブログ記事「振り子もどき」から引用: 電車内で物理の勉強をしていたら振り子を再現するプログラムを作りたくなり、とりあえずここまで作ってみました。   え、習った理論をプログラミングで再現して確かめるってこと?! スゲー!!! 動く結果はこちら→「振り子もど

13歳のデジタルキッズと学ぶ2014年のWeb解析

2013年12月25日 13:22
こんにちは。3月発売の書籍「ビジュアルWeb解析」を鋭意執筆中の清水です。 アクセス解析イニシアチブ主催のセミナー「チームの意思決定に不可欠なデータのビジュアライズ」(参加レポート)に参加いただいた小杉さんのWEB解析 Advent Calendar...

12歳にとっては当たり前のO2O

2013年08月13日 16:22
幼稚園に入る前の3歳からスタートした子どもIA日記。2013年3月に小学校を卒業しました。長いようで短かった10年間です。 パパはユタとバンクーバーに駐在していたので中学受験の合格発表や小学校の卒業式には参加できませんでした(涙)が、春休みにバンクーバーに招待し、たくさん雪遊びをしました。 バンクーバーで家族旅行 3/22: シアトル観光(スターバックス1号店でコーヒー、Pike Place Chowderでクラムチャウダー、Rose's Chocolate Treasuresでチョコ、Beechers Handmade Cheeseでチーズ)の後、バンクーバーまでドライブ 3/23:...

11歳の息子と絵文字しりとりで大爆笑

2013年07月17日 07:32
子どもから絵文字アートが届いた同じ日のこと。文字化けのようなメッセージが届きました。 図:絵文字しりとり: よく見ると、 「しりとりしよ」 「やろう〜」 「しりと〜り!」 「しーりーとーりー」 と言っているようです。 続いて絵文字が。 「あくしゅ」でしりとりスタート。 図:絵文字しりとり: シール>ルビー>ビール>ルート>ドリル>ルール>ルー>ルーム>虫 子どもが考えた「る」で終わらせる攻撃(「Dropboxで見つけた9歳のHackメモ」参照)を受けています...。 最初は一部のみに絵文字を使ってましたが、この後はストリクトに絵文字オンリーです。 最後の「虫」は伝わらないと思ったの

11歳の絵文字メールがクリエイティブすぎるぅ

2013年07月15日 07:00
2012年の4月になって、11歳(小学5年生)の子どもからのメッセージに絵文字が入るようになりました。iPhoneのキーボード設定で「絵文字」を見つけたようです。 2012年5月10日に届いた12個のアート作品(?)を紹介します。 子ども絵文字アート#1 車やバスは信号で止まっているのに、中央を走る電車は高速で駆け抜けていく様子が描写されています。単線で1車両しか無いので、どこか牧歌的です。懐かしい感情が引き起こされます。交通事情が反映された見事な描写です。 子ども絵文字アート#2 図:絵文字の作品#2: 今度は高級指輪やバッグを盗んで車で逃走する犯人を警察が追いかけている、都会的でダイナミ

11歳とFaceTimeでリモート遊び

2012年07月03日 14:48
春休みが終わった始業式の日のこと。ママはお出かけ、子どもは日本の自宅で留守番することになっていました。こんな機会は滅多にありません。アプリ内のメールでこっそり約束し、親の目を盗んで(あ、自分も親か笑)、3時間もFaceTime(テレビ電話)しながら遊びました。 アメリカのアパートや景色を中継したり、日本の自宅の様子を見せてもらったり、ビーダマンの新しい組み合わせを見せてもらったり。 図:FaceTimeで中継: 図:FaceTimeで中継その2: 中継をひと通り楽しんだ後は、お互い同じゲームのアプリを開始。ネットワークでも対戦しつつ、さらにお互いの手元を映し合って話しながら

子どもからアプリ内メールが届いた!

2012年05月14日 11:00
日本の自宅にある子ども用のiPadはパパと同じApple IDを使っていて、パスワードも子どもに教えてあります。App Storeの設定で自動ダウンロードを有効にしているのので、アプリをインストールすると自動的にお互いのiPadにインストールされます。ある日、「Battle...

子どもと地球の裏側でアイテム交換して学んだこと

2012年01月07日 18:47
US滞在中のこと。iPadに見慣れないアプリが勝手にインストールされていることに気がつきました。 図:自動インストールされたアプリ: 「えっ、話題のiTunesアカウントハック?」とアセったのですが、「こんなかわいい無料アプリをワルイ人は入れないだろう」と考え直し、思い出しました。 最近のiOSはアプリがデバイス間で同期されるので、日本にいる子どもがインストールしたアプリがUSにいるパパのiPadに自動インストールされたのです。 図:iOSの自動インストール設定: 起動してみたところ、ドラゴンを育てるゲームでした。 子どもにもう数ヶ月も会っていなかったのですが、相変
アイテム数: 1 - 12 / 41
1 | 2 | 3 | 4 >>

Real Time Web Analytics