オープンソースCMSの代表格『Drupal』

アワードで毎年入賞し、ホワイトハウスのサイトでも採用されたオープンソースCMSの代表製品「Drupal」。
小さな個人サイトで2005年から使っていますが、長所あれば短所もあり、サイトや運用体制によっては適さないことがあるので、万能のおすすめCMSではありません(という点はどのCMSも同じですね)。
業務では大規模なエンタープライズ製品(Documentum, Interwoven)がメイン、個人サイトではDrupalを2005年から使っています。両極端なCMSを使ってみると、思想の違いがよく分かります。なるべく汎用的な「コンテンツ管理」という視点で、記事を書いています。

Drupal 6

Drupal 5からDrupal 6へのアップグレード

  • 2010年のお正月に、重い腰を上げて実施しました。
  • 6に対応していないモジュール(Amazon associate tools, Node Teaser, TinyMCE, Google Search, Textfield Autocomplete)を別のモジュールに入れ替える際、1,100ページを超える既存コンテンツのメタデータを引き継ぐためにMySQL上のデータを直接編集する必要がありました。

Drupal 7

Drupal 7の開発進行状況


Real Time Web Analytics